タイガース極(きわめ)

生粋の阪神ファン、にわか阪神ファン問わず
阪神タイガースをこよなく愛する方々のために
最新のタイガース情報をまとめたサイトです。
今季こそ阪神タイガース優勝やで!

    タグ:田尾


    【阪神】野口恭佑、OBの田尾安志氏と遭遇 「けがなく頑張れ」と言葉をもらう


    【阪神】野口恭佑、OBの田尾安志氏と遭遇 「けがなく頑張れ」と言葉をもらう

     阪神野口恭佑外野手が鳴尾浜で球団OBの田尾安志氏と遭遇した。  室内練習場で「けがなく頑張れ」と言葉をもらったといい、1軍キャンプスタートが決まっ…
    (出典:日刊スポーツ)



    【【阪神】野口恭佑、OBの田尾安志氏と遭遇 「けがなく頑張れ」と言葉をもらう】の続きを読む


    阪神タイガースが常勝になるためには… 田尾安志氏と掛布雅之氏が提言



    阪神タイガース

    東北楽天ゴールデンイーグルス監督の田尾安志氏と掛布雅之氏がYouTubeチャンネル田尾安志【TAO CHANNEL】』で、阪神タイガースが「常勝軍団になるために必要なこと」を語った。

     

    ■西武を例に田尾氏が持論

    発端は田尾氏が「僕がお世話になった西武。西武球団ってね、これは間違ってるかもしれないけど、25年Bクラスがないというときがあるんですよ、ずっとAクラス」と明かしたこと。

    掛布氏は「ええ?」と驚いたあと「まず根本陸夫さんがすごい選手を集めて。野村克也さんとか、土井正博さん、山崎裕之さんとか。そういうなかで土台じゃないけど、再トライを背負えるようなチームを作っていったわけですよね」と語った。

     

    関連記事:阪神タイガースの黄金時代が来た? OBの掛布雅之氏が独自解説

    ■常勝には球団と現場が…

    80年代から90年代前半にかけて黄金時代を築いた西武ライオンズと田尾氏は「常勝軍団を作っていってね。25年だったと思いますよ。1年ぐらいポンと勝つのはうまくいけばあるんですけど、本当に常勝軍団を作るとなると全体の…」と指摘する。

    掛布氏が「西武球団と現場とが、そういう形でチームづくりをしていたということですか?」と質問すると、田尾氏は「そうですね。今、監督が代わったら球団がガラっと変わってしまう」と持論を展開。掛布氏も「それはね、すごく感じます」と同調した。

     

    関連記事:阪神タイガースの黄金時代が来た? OBの掛布雅之氏が独自解説

    ■GMの重要性を強調

    さらに田尾氏は「じつはGMというような、しっかりした人が上にいてその人がチームづくりを、将来を見据えてやっていけるという形を作らないと。監督の考えでコロコロ変わるのは…」と提言する。

    掛布氏も田尾氏に同調すると「僕は2軍監督をやらせていただいたときに、金本知憲監督だったんですけども、球団の本部長の方たちとか、いろいろな人たちと密に話したことがある」と回想。

    そして「1軍の戦い方は1軍の監督が好きにやっていいと思いますよ。2軍の育成は監督が代わったからといって育成方法が変わるのはおかしいと思うので、球団主導でマニュアル的なものを、2軍として作っておくべきではないですか」と指摘した。


    関連記事:岡田彰布監督の阪神が「普通に行けば勝つ」 田尾安志氏がCSを独自予想

    ■2軍コーチに注文

    2軍の育成方法について掛布氏は「基本的な2軍がやらなければいけない大ざっぱなマニュアルは必要だと。でも、なかなか難しいんですよ。矢野監督になったら変わっていくわけじゃないですか。これは難しい。だから西武はうまく行っていたんですね」とコメント

    田尾氏は「そういう点では今、心配しているのは阪神の2軍だとバッティングコーチは北川(博敏)くんと山崎(憲晴)かな。北川もこれから勉強をして、レベルを高めなければいけないコーチだと思う。もうちょっと技術を指導できるように」と提言する。

    そして「掛布2軍監督のときは、下に落ちてきた選手が良くなって上がっていた」「それを見て絶対良いポイントを教えているなと思った」と指摘。掛布氏は「それを聞くのはありがたい」とつぶやき、2軍のコーチが育成で教えるべきポイントを熱弁していた。

     

    関連記事:岡田彰布監督の阪神が「普通に行けば勝つ」 田尾安志氏がCSを独自予想

    ■指導力が評価される掛布氏

    掛布氏は2016~17年に阪神の2軍監督に就任。選手の自主性を重んじる方法で大山悠輔選手、横田慎太郎さん、高山俊氏らの若手を指導し、1軍に送り込んでいる。

    ミスタータイガースとしての人気と指導力を持つ掛布氏に一部ファンからは1軍監督待望論も上がったが、実現しなかった。

     

    ■田尾氏と掛布氏がトーク

    阪神タイガースが常勝になるためには… 田尾安志氏と掛布雅之氏が提言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【阪神タイガースが常勝になるためには… 田尾安志氏と掛布雅之氏が提言】の続きを読む


    阪神のリーグVに貢献した左のリリーフ島本 田尾氏「ピッチングがうまい」


    阪神のリーグVに貢献した左のリリーフ島本 田尾氏「ピッチングがうまい」

    …ポン放送ショウアップナイター 阪神-巨人』で解説を務めた田尾安志氏が、阪神・島本浩也について言及した。  田尾氏は島本について「ピッチングがうまいです…
    (出典:ベースボールキング)



    【阪神のリーグVに貢献した左のリリーフ島本 田尾氏「ピッチングがうまい」】の続きを読む


    岡田彰布監督の起用法に田尾安志氏が異論 「ノイジーの使い方が…」



    岡田彰布

    東北楽天ゴールデンイーグルス監督の田尾安志氏が自身のYouTube「TAO CHANNEL」で、阪神タイガース岡田彰布監督の起用法に独自提言をした。


    【動画】田尾安志氏が阪神の交流戦を振り返る


    ■交流戦の敗戦ゲームを分析

    阪神タイガース交流戦で敗戦した試合を振り返った今回の動画。田尾氏は8日の楽天、15日のオリックス、17日のソフトバンク戦で9回に逆転負けをしたことに触れ「この3つのゲームはですね、非常に痛手が大きかったなという気がしますね」と指摘する。

    続けて「これまでは後半そのままスイスイと行くということが多かったんですが、この交流戦に関しては最後の最後に大どんでん返しされるというね。そういうゲームがちょっと目立ったなという気がします」と話した。


    関連記事:岡田彰布監督、「これはもう、できすぎ」 巨人戦で勝利収め30日から交流戦に臨む

    ■貯金14は「アドバンテージ」

    タイガース交流戦について田尾氏は「岡田監督が言うように、野球というのはそんなうまくはいかない。 5月にうまくいきすぎた、その反動として、この6月は苦しい戦いになっているんだよと。そういうものだと思う」と指摘。

    そのうえで「苦戦ばっかりするわけではないんですよ 。力のあるチームは盛り返します。そういう点ではこの交流戦が終わった時点で、まだ貯金が14あるっていうのは大きなアドバンテージ」と持論を展開した。


    ■リリーフの立て直しが急務?

    当面の目標であるオールスターゲームまで阪神が首位をキープするうえでのポイントとして「リリーフ陣のたて直しですね。もうこれに尽きると思います」と田尾氏。

    さらに「あともう1つの(課題)は打線」とし、交流戦での得点力が低かったことに触れ「4点までは投手の責任ではない」「打線が点を取れない。そういうことがあって負けになってしまっている」と分析する。

    そして「リリーフ陣とともに打撃陣も、もうちょっとがんばってもらいたいなと思いますね。僕は1つのポイントはノイジーの使い方じゃないかなと思っています。 つなぎのノイジーでいいのかなっていうのは、もうずっと前から皆さんにもお伝えしております 。僕だったらあれではちょっと物足りない」と指摘した。


    ■野手起用に提言

    打撃陣の起用方法について田尾氏は「やはりガツンと打ってくれるミエセス。 守りで不安はあるかもしれませんけれども、一生懸命やってるのはわかりますし、前川右京も出てきました。 そういう点では、おもしろいものが出ると思います」と提言。

    また「あとは渡邉諒。これもサードやらせてこの前、ミスがポンポンと出て使えないなっていうのは感じましたけれども、外野ならなんとかできるんじゃないかなという気がします 」とコメントする。

    そして「これから勝てそうなゲームをそのまますんなり勝てるか。これからの戦いは打撃陣の奮起とともに、リリーフの踏ん張り。とくに抑え。現実的は岩崎だと思う」と解説していた。


    ■田尾氏が阪神の交流戦を振り返る



    ・合わせて読みたい→阪神タイガース、9連勝で球団記録をマーク マウンドに立った村上頌樹の特別な思い

    (文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

    岡田彰布監督の起用法に田尾安志氏が異論 「ノイジーの使い方が…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【岡田彰布監督の起用法に田尾氏が異論 「ノイジーの使い方が…」】の続きを読む

    このページのトップヘ