タイガース極(きわめ)

生粋の阪神ファン、にわか阪神ファン問わず
阪神タイガースをこよなく愛する方々のために
最新のタイガース情報をまとめたサイトです。
今季こそ阪神タイガース優勝やで!

    タグ:パレード


    優勝パレード「タダ働き批判」に大阪市長が逆ギレ!



     実に38年ぶりとなる日本一の栄冠に輝いた阪神タイガース。一方、2年連続の日本一こそ逃したものの、3年連続でリーグ優勝を果たしたオリックスバファローズ――。

     その両チームの功績を称えるべく、11月23日に開催された凱旋パレードをめぐり、大阪市横山英幸市長が12月7日、来年以降、両チームが優勝しても凱旋パレードを開催しない可能性があるとの見解を表明し、大きく波紋を広げている。

     両チームの凱旋パレードは大阪市内(御堂筋など)と神戸市内(三宮中央通りなど)で、それぞれ午前と午後に分ける形で計4回、開催された。実はこの時、来場者の誘導などのため、大阪府大阪市から約2500人の職員がボランティアとして動員されていたことから、大阪市議会などから「タダ働き」との批判の声が上がったのだ。

     ちなみに、兵庫県神戸市から動員された約1500人の職員は「公務扱い」とされ、平日を休日に振り替えるなどの措置が講じられた。一方、大阪府大阪市は「特定球団のイベントに対する公費負担は違法のおそれがある」との判断から、職員のボランティア動員、すなわち無給動員が決定された、という経緯があった。

     皮肉にも、無給動員がかけられた11月23日は「勤労感謝の日」。そしてタダ働き批判が高まる中、横山市長は次のようにブチ切れてみせたのである。

    「開催して批判されるなら、判断は慎重にならざるをえない。(来年は凱旋パレードを開催しないことも)十分にありうる」

     横山市長は「大阪維新の会」を担う若手のホープであり、大阪維新の会はいわゆる「身を切る改革」を旗印としてきた。地元記者は次のように指摘する。

    「横山市長の心のどこかに『この際、職員はタダで働かせておけばいい』という、驕りに似た気持ちがあったのではないですか。市長は役所に詰めかけた記者団に『開催して批判されるなら』と語っているが、凱旋パレードの開催それ自体が批判されているわけではなく、論点が大きくズレている。両チームの快挙が関西経済にもたらした波及効果には計り知れないものがあり、そのあたりをどう考えているのかも気になりました。いずれにせよ、市長の発言でせっかくの祝勝ムードがシラケてしまったことは間違いないでしょう」

     そもそも「身を切る改革」と言うなら、カネ食い虫の大阪万博はどうなのか。虎党では人後に落ちない筆者としても、38年ぶりの歓喜に冷や水をぶっかけられた思いである。

    (石森巌)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【優勝パレード「タダ働き批判」に大阪市長が逆ギレ!】の続きを読む


    【激白】大阪府職員、タダ働きの代償として、阪神優勝パレード記念品をメルカリに出す


    阪神優勝パレードで記念品を「メルカリ出品」した大阪府職員の告白がヤバい「タダ働きの代償です。吉村知事、何か文句あります?」

    …の担当となったという。  「パレードの赤いバスが見れたのは一瞬でした。岡田監督、近本、大山、ちょっとでもみたかった。御堂筋沿い担当の職員は『少しだが見…
    (出典:現代ビジネス)



    【【激白】大阪府職員、タダ働きの代償として、阪神優勝パレード記念品をメルカリに出す】の続きを読む


    ほっこりする工事現場、タイガース優勝パレードとともに、、、


    全然仕事をしていない工事現場の作業員たち 目の前で起こっていた出来事に「これはしょうがない」

    …見ていたのは…阪神の優勝パレード作業員たちが集まって見ていたのは、2023年11月23日に大阪市のメインストリート・御堂筋で行われた阪神タイガースの優勝パレード。
    (出典:LIMO)



    【ほっこりする工事現場、タイガース優勝パレードとともに、、、】の続きを読む


    【阪神Vパレード】優勝メンバーが “35万人集結” 大阪・御堂筋で指差した「虎の女神」を発見!


    【阪神Vパレード】優勝メンバーが “35万人集結” 大阪・御堂筋で指差した「虎の女神」を発見!

     以前と同じ轍は踏まず、必ず黄金期を迎えてくれるはず」(阪神担当記者)  岡田監督口調で言うと……はっきり言うて、来季の「アレ」も確実よ。  写真・馬詰雅浩…
    (出典:SmartFLASH)



    【【阪神Vパレード】優勝メンバーが “35万人集結” 大阪・御堂筋で指差した「虎の女神」を発見!】の続きを読む


    阪神&オリックス優勝パレードは「トラックに協賛企業のロゴ貼りまくり」政治利用と企業宣伝の場だった



     11月23日大阪市神戸市で行われた「兵庫・大阪連携『阪神タイガースオリックス・バファローズ優勝記念パレード』~2025年大阪・関西万博500日前!~」。午前中は阪神が神戸、オリックスが大阪・御堂筋を、午後は場所を入れ替えて行われたパレードは、阪神が神戸30万人、御堂筋35万人の計65万人、オリックス御堂筋20万人、神戸15万人の計35万人の観衆を集め、計100万人が両球団の優勝を大声援で祝福する盛り上がりを見せた。

     大阪府吉村洋文知事は自身のXに〈メディアからは、散々批判を受けたけどね。この笑顔。これが答え〉と自画自賛の投稿をしたのだが…。

    「確かにパレード自体は大成功といえます。特に阪神は38年ぶりの日本一でしたから、ファンが熱狂したのも当然でしょうね。ただ、今回のパレードについては、何の関係もない万博がタイトルに入るなど、開催前から『政治利用だ』との猛批判が起きました。大阪府大阪市の職員をボランティアで動員したことにも、関係者や大阪府民を中心に、疑問の声が少なくありませんでしたね」(スポーツ紙記者)

     こうした批判を物語るように、パレード開催費用として募ったクラウドファンディングは目標額の5億円を大きく下回る、1億円にも到達しない体たらく。「パレードを政治利用したので募金しない」「純粋に阪神タイガースが募っていたら喜んで金出したけど、今回は出さなかった」「万博が絡んでなければ寄付してた」「クラウドファンディングが目標額の2割なのに吉村知事の勝利宣言は笑止千万」といった声が溢れている。地元関係者もアキレた様子でこう語る。

    「結局、関西の企業から約4億円の協賛金を集めて費用を賄う形になりましたが、選手たちがパレードで分乗したトラックの側面を中心に、協賛企業のロゴがズラリと貼りまくられ、両球団のロゴはおとなしめ。沿道のファンからは『優勝のお祝いというより、企業の宣伝色が強くて興ざめ』といった声が聞かれました。このままでは来る衆院選で、維新の会は大阪で議席を減らすかもしれませんね」

     阪神・岡田彰布監督はパレードを「来年もやりたい」として、連覇への意気込みを語ったが、こんなフザけた形式だけはもうやめるべきだろう。

    (石見剣)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【阪神&オリックス優勝パレードは「トラックに協賛企業のロゴ貼りまくり」政治利用と企業宣伝の場だった】の続きを読む

    このページのトップヘ