タイガース極(きわめ)

生粋の阪神ファン、にわか阪神ファン問わず
阪神タイガースをこよなく愛する方々のために
最新のタイガース情報をまとめたサイトです。
今季こそ阪神タイガース優勝やで!

    タグ:オファー

    阪神「ドラ1」高山俊、トライアウトで活躍もNPBオファーが来ない謎

    高山俊


     中日ドラゴンズが24日、ベテランの中島宏之(41)や、前ソフトバンク上林誠知(28)、前阪神山本泰寛(30)、同・板山祐太郎(29)の獲得を発表した。「巨人との複数年契約を破棄した中田翔(34)も調査中」とも伝えられており、

    「一塁にはビシエド、捕手兼務の宇佐見真吾もいる。上林も一塁を守れるし、中島を含め、飽和状態」(名古屋在住記者)

     という、“補強のアンバランスぶり”が指摘されている。しかし、今回の中日の発表には、もう一つの疑問も持ち上がっていた。

     阪神から戦力外を通達され、去就が注目されている外野手といえば、真っ先に浮かぶのが高山俊(30)だ。今回中日入りが発表された板山とは同じ学年の同期入団、右投げ左打ちでプレースタイルも被るところが多い。ドラフト1位で新人王を獲得したキャリアから考えれば、高山のほうが先に新天地が見つかってもおかしくないのだが、そういった話は一切聞かれない。

    「高山はプロ2年目のシーズンに打撃不振に陥り、それを引きずりながら今日に至ってしまった印象です。昨秋のキャンプでは、打撃練習の途中にバットを振るのを止めて、メモ帳のようなものを読み始めた。直接指導を控えていた岡田彰布監督も見かねて、高山にアドバイスを送っていました。考えすぎなんじゃないか、と」(球界関係者)

     不振の原因が「考えすぎ」だとすれば、結果が最高のクスリとなる。高山は、15日に行われた12球団合同トライアウトでいきなり右中間を破る二塁打を放っている。2安打2四球1盗塁と結果を出したが、板山が先に中日入りを決めてしまった。

     独立リーグが関心を示しているとの情報もある。高山ファンは多い。トライアウトの会場でいちばん拍手をもらっていたのが、高山だった。“ひと休み”して、NPBへの再挑戦を目指すのも一案だろう。

    飯山満/スポーツライター)

    【阪神「ドラ1」高山俊、トライアウトで活躍もNPBオファーが来ない謎】の続きを読む


    高山俊と渡邉雄大に新潟アルビレックスが獲得オファー


    阪神“戦力外”の高山俊と渡邉雄大にNPB2軍に新規参入内定の新潟アルビレックスが獲得オファー…来季途中にNPB復帰の新しい道を切り拓く

    …、昨年オフには、現役ドラフトの候補となっていた。だが、新監督に就任した岡田監督が、そのリストから外させて再起に期待をかけたが、オープン戦で結果を残せず…
    (出典:RONSPO)



    【高山俊と渡邉雄大に新潟アルビレックスが獲得オファー】の続きを読む


    なんと阪神・平田勝男ヘッドコーチがアサヒビール「CMオファー」の快挙



     まさか「おやじギャグ」連発がCM出演につながるとは。アサヒビール阪神タイガース平田勝男ヘッドコーチに、CMオファーを出したことが判明したのだ。

     それは38年ぶりの日本一に輝いた、ビールかけでのことだ。平田ヘッドは中締めの挨拶で壇上に立つと、

    「宴も竹中直人ですが、日もとっぷり暮れたところで、中島みゆきさせていただきます

     オヤジギャグ連発し、続けてこうも言って選手に檄を飛ばしたのである。

    「38年ぶり、岡田監督・平田ヘッドの選手の頃に、やっと君らは追いついた。これからは追い越してみろ」

     そしてハイライトはここからだった。

    「いいですか、全国の野球ファンの皆さん、お疲れ生です」

     アサヒスーパードライの瓶のラベルカメラに見せながら、ニッコリ。さらに畳みかけるように、

    「お疲れ生です。スーパードライコマーシャル待ってます」

     Vサインを掲げながら、猛アピールしたのだった。

     平田ヘッドが繰り出す「昭和のオヤジギャグ」が令和の若い選手に響いたかどうかはさておき、アサヒビールの社内は大層ざわついたようである。

     同社のマーケティング部・倉田剛士部長は、

    「緊急会議をさせていただきました。その結果、早速オファーをさせていただくことになりました」

     と明かしたのだ。

     持ち前のひょうきんさが功を奏した形になった平田ヘッドは、1959年生まれの64歳。長崎・海星高校で1976年の2年次から、ショートレギュラーに定着。同年夏には、1学年先輩のエース、「サッシー」酒井圭一投手を擁して甲子園に出場した。翌年の春・夏の甲子園にも連続出場し、明治大学に進学。在学中に明大は東京六大学リーグで4度優勝し、平田ヘッドベストナインに4回も選ばれている。

     1981年ドラフト2位で阪神に入団すると、2年目の1983年にはショートレギュラーを奪取。1985年日本一に主力選手として貢献し、ゴールデングラブ賞を4度受賞するなど、守備の名手として活躍した。

     1994年に現役引退後は野球解説者、阪神コーチや裏方として活動。2002年に明大の先輩である星野仙一氏が阪神監督に就任した際には、監督専属広報となった。

    「昨年秋、岡田彰布監督が復帰した時には、親と子以上に年齢の離れた監督と選手のコミュニケーションを心配する声がありましたが、根っからの明るい性格の平田ヘッドが間に入ったことで、うまくいった部分が大いにあったと思います」(スポーツデスク

     平田ヘッドの出演CMがどのようなものになるのか、楽しみに待ちたい。

    (石見剣)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【なんと阪神・平田勝男ヘッドコーチがアサヒビール「CMオファー」の快挙】の続きを読む

    このページのトップヘ