タイガース極(きわめ)

生粋の阪神ファン、にわか阪神ファン問わず
阪神タイガースをこよなく愛する方々のために
最新のタイガース情報をまとめたサイトです。
今季こそ阪神タイガース優勝やで!

    カテゴリ:阪神タイガースNEWS > 藤浪晋太郎


    阪神時代から大幅昇給のワケ 元同僚が語った藤浪晋太郎に才覚「ど真ん中に来るボールはハード。普通じゃない」



    メッツ移籍で注目度が増している藤浪。そんな怪腕の凄みを元同僚が明かした。(C)Getty Images

     わずか1年で大幅な昇給を果たした日本の怪腕に対する期待は高まっている。今月2日にメッツと単年契約を締結した藤浪晋太郎だ。

     昨年に阪神からのポスティングで年俸325万ドル(約4億2000万円)の単年契約をアスレティックスと締結して迎えた昨シーズンは、序盤戦こそ制球難に苦戦。4月下旬にリリーフに配置転換され、7月にはオリオールズへのトレードも経験した。

    【動画】ゲレーロJr.も圧倒! 藤浪晋太郎の160キロ超えでの奪三振シーン


     ただ、オリオールズに加わった7月以降に藤浪は徐々に復調。デビュー当時に30.86で「悪夢」とも揶揄された防御率は7.18にまで低下。9月だけを見れば、被打率も.190とほとんど打たれず。さらなる飛躍への期待を背負ってルーキーイヤーを終えていた。

     そして複数球団からの誘いを受け、熟考の末に選んだのが、メッツとの契約だった。メジャー屈指の金満球団と交わした年俸は335万ドル(約4億9580万円)で、85万ドル(約1億2580万円)の出来高払いも付帯する。単年契約だが、阪神での最終年俸が4900万円(推定)だと考えれば、やはり上々のサインと言えよう。

     投手陣にも実力派タレントが居並ぶメッツでは、守護神エドウィン・ディアスに繋ぐ中継ぎとしての役割が期待される藤浪。そんな29歳の右腕には同球団のOBも太鼓判を押している。現地時間2月16日、米ポッドキャスト番組『Mets’d Up』に出演したトレバー・メイ氏は「フジナミの誰よりも天井知らずなんだ」と激賞した。


     昨シーズンにアスレティックスで藤浪と同僚でもあったメイ氏は、間近で凄みを目の当たりにしてきた。ゆえに「フジナミはとにかく並外れたアスリートなんだ」と称賛。昨シーズン序盤に不振に喘いだという指摘にも、次のように切り返している。

    「あまり知られていないけど、彼はとても強くて、常に努力している。僕は彼が確かな物を持っていると思うよ。別にクレイジーなシンカーを投げる訳でもないし、浮き上がるような速球があるわけでもあに。けど、ど真ん中に投げ込むボールは103マイル(約165.7キロ)で、本当にハードだ。あれは普通じゃない」

     さらにメイ氏は「フジナミは常に速い球を投げることができる。速度が落ちる日もほとんどない。そして決め球のスプリットがある。スピードならメジャー最速ピッチャーのトップ3に入るはずだ」と強調した。

     30歳を目前にして、まだまだ成長の余地がある。天井知らずで突き進む藤浪が、名門でどれだけの成果を出せるかに期待せずにはいられない。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    阪神時代から大幅昇給のワケ 元同僚が語った藤浪晋太郎に才覚「ど真ん中に来るボールはハード。普通じゃない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【阪神時代から大幅昇給のワケ 元同僚が語った藤浪晋太郎に才覚「ど真ん中に来るボールはハード。普通じゃない」】の続きを読む


    メッツ・藤浪 同僚の千賀見守る中で新天地初ブルペン


    メッツ・藤浪 同僚の千賀見守る中で新天地初ブルペン 捕手立たせて投じた初球は大きく外れるも

     メッツの藤浪は新天地で初めてブルペンでの投球練習を行った。  捕手を立たせて投じた最初の1球目は大きく外れたが、座らせてからは直球を中心にスライダ…
    (出典:スポニチアネックス)



    【メッツ・藤浪 同僚の千賀見守る中で新天地初ブルペン】の続きを読む


    藤浪晋太郎は「ポテンシャルは他の誰よりも高い」元同僚右腕トレバー・メイ氏がベタぼめ


    藤浪晋太郎は「ポテンシャルは他の誰よりも高い」元同僚右腕トレバー・メイ氏がベタぼめ

     メッツと1年契約を結んだ藤浪晋太郎投手(29)について、アスレチックス時代の同僚で昨季限りで現役を退いたトレバー・メイ元投手(34)が言及。リーグ…
    (出典:日刊スポーツ)



    【藤浪晋太郎は「ポテンシャルは他の誰よりも高い」元同僚右腕トレバー・メイ氏がベタぼめ】の続きを読む


    メッツ新加入・藤浪晋太郎は「大きな利益をもたらす」と地元メディアが期待! 常時160キロ超えの“剛球”はチームの絶対的守護神に匹敵!?


    メッツ新加入・藤浪晋太郎は「大きな利益をもたらす」と地元メディアが期待! 常時160キロ超えの“剛球”はチームの絶対的守護神に匹敵!?

     ボルティモア・オリオールズからフリーエージェント(FA)となっていた藤浪晋太郎が2月2日、ニューヨーク・メッツと単年契約に合意した。年俸335万ド…
    (出典:THE DIGEST)



    【メッツ新加入・藤浪晋太郎は「大きな利益をもたらす」と地元メディアが期待! 常時160キロ超えの“剛球”はチームの絶対的守護神に匹敵!?】の続きを読む


    藤浪晋太郎「メッツ入り」に阪神タイガースがホッと胸を撫で下ろす理由は…



     藤浪晋太郎メジャーでは「三流扱い」の300万ドルをわずかに超える2335万ドル(約5億円)プラス出来高払いに加え、先発確約なし、マイナー落ちありの契約でメッツ入りしたことに、阪神球団関係者から安堵の声が漏れている。

     アメリカでのプレーを希望していた日本人選手の中で、阪神OBの藤浪だけが唯一、所属球団が決まっていなかったこともあるが、とある危険性をはらんでいたからだ。在阪スポーツ紙遊軍記者が、その事情を説明する。

    プライドの高い藤浪のことだから、アメリカで所属球団が決まらないようなら、1年契約で日本に戻る可能性もあったでしょう。そうなれば、ひと悶着起きる。阪神としては手を挙げざるをえない状況になり、金額もそれなりに用意しなくてはいけないですしね」

     かつて藤川球児氏がメジャーを断念して帰国した際、阪神が即座に獲得に乗り出さず独立リーグプレーした。その際、ファンマスコミは大騒ぎ。藤浪の場合も、同様な騒動が予想された。

     戦力になるならいい。だが、岡田阪神は昨シーズン、38年ぶりの日本一に輝き、今季は球団史上初のリーグ連覇、日本一達成を目指している。12球団一ともいわれる投手力は、充実の一途。そして藤浪は投げてみなければわからない投手。岡田監督にとっては使いづらいタイプで、チーム内に存在していれば、起用法に頭を悩ませることになる。前出の遊軍記者も、

    メジャーからしぶしぶ中継ぎで投げていますが、日本に戻ってきたらまた先発をさせろと主張することは間違いない」

     一方では、こんな声も。

    「藤浪が戻ってくれば、大きな話題になる。当然、シーズンと並行して追っかけることになりますね」(スポーツデスク

     今回のメッツ入りは阪神にとっても藤浪にとってもある意味ウインウインだ。

    「今季、メジャーで実績を残して複数年契約を勝ち取ってほしい、と阪神は思っているはずです。毎年同じようなことで頭を悩ませたくないですからね」(前出・遊軍記者)

     高校時代のライバル大谷翔平の20分の1の年俸でのプレーとなるが、どこまで差を詰められるか、注目だ。

    (阿部勝彦)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【藤浪晋太郎「メッツ入り」に阪神タイガースがホッと胸を撫で下ろす理由は…】の続きを読む

    このページのトップヘ